読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みるくの日記

関ジャニ∞・安田くんのこと 時々 他Gごと、ついったでは書けないことをつらつらと・・・

関ジャニ、親心もわしづかみする“おもてなし 2016.10.06

headlines.yahoo.co.jp

 

お昼にツイッターを見たらうれしい記事が

舞い込んできた。

 

そう、私の尊敬する安田章大くんのほんの

些細な記事ではあるけれど、人として大切な

ことを教えてくれる素敵な出来事が綴られて

いるではないか!

 

いや、当たり前のことなのだけどそれが

なかなかできることではなくて・・・

 

そして華々しい芸能界で普通に出来てしまう

彼はやっぱり人としてもカッコイイ!

 

顔もかっこいい!

 

ギターもでき作詞作曲、ダンス、お芝居・・・

いろんな面で褒められることもうれしいけど

人として褒められるのがファンとしても

一番うれしいかもしれない・・・

 

誇りに思っています。

これからも安田くんのことをずっと応援して

いきたいって改めて思いました。

 

 

 

うれしすぎて転用。

スポニチさん、記者さん!

記事にしてくださり、本当にありがとうございます。

 

関ジャニ、親心もわしづかみする“おもてなし

スポニチアネックス 10月6日(木)10時3分配信

 40代のおじさん記者にとって、若い女の子たちが集まる取材現場は新鮮だったりする。9月末、都内で行われたイベントには関ジャニ∞のメンバーが勢揃い。イベント開始前には舞台上のメンバーの立ち位置を示すテープまで写真撮影する熱気には驚かされた。

 当然、メンバー登場の際には、黄色い声が会場内に響き渡った。メンバーを見つめる瞳は漫画に出てくるようなキラキラ度。うれしそうな顔を見ていると、こちらまで楽しい気持ちになった。

 応じるメンバーのサービス精神もさすがだった。関西弁の軽妙なトークで会場を盛り上げる。幼い子どもたちも集まったイベントの最中、観客の小学生を壇上に迎えたシーンでは、その子の緊張を和らげようと、頭をなでたり、膝をついて子ども目線でやさしく問いかけたり。取材中にもかかわらず、子を持つ親の立場としてすっかり感心してしまった。

 現場では、なかなかテレビでは流れない、芸能人のふとした一面が見えたりする。この日はメンバーの1人、安田章大の行動に目を奪われた。観客席の中央に入ってのフォトセッション。宣伝用の大きなグッズを手にしていた彼は、撮影の前に真後ろのファンに声をかけていた。何を話していたのかは分からない。だが、そのファンは撮影の際、少し横にずれ、隠れてしまうことなく最高の笑顔で写真に納まっていた。また、メンバー退場時。最後尾だった彼はファンの歓声に受ける中で、メンバーを代表するかのように深々と一礼し会場を後にした。

 これらは彼らにとって特別な行動ではないかもしれない。とはいえ、この日初めて関ジャニに接した子どもたちもいただろう。一期一会。その子どもたちが浮かべた表情をみて、彼らが愛される理由、アイドルという存在の大きさをあらためて感じた。(記者コラム)